ホームページ > ニュース > 業界の概要 >

米国連銀は金利を引き上げ、2018年にはさらに2つの利上げを示唆

米国連銀は金利を引き上げ、2018年にはさらに2つの利上げを示唆
発表時間:2018-05-14
2018年3月21日にワシントンで開催された記者会見で、ジェロームパウエル米国連邦準備制度理事長が講演します。

ワシントン-水曜日の米国連邦準備制度は、ベンチマーク金利を25ベーシスポイント引き上げ、2018年にはさらに2つの金利引き上げを示唆し、最近数ヶ月の「強化された」経済見通しを引用しました。

「実現および予想される労働市場の状況とインフレを考慮して、FRBは連邦資金率の目標範囲を1.5〜1.75%に引き上げることを決定した」と中央銀行は2日間の会議を終えた後の声明で述べた。

連邦準備制度理事会は、財政刺激策と海外需要の改善により、米国経済が今年と来年、より速いペースで成長することを広く期待していました。

米国経済は、水曜日に発表されたFRBの予測によると、2018年に2.7パーセント、2019年に2.4パーセント成長し、それぞれ2.5パーセントと2.1パーセントの以前の予測を上回ります。

FRBの当局者はまた、来年のコアインフレ率が2.1%に上昇すると予想し、FRBの目標をわずかに上回り、以前の2%の予測から上昇した。

失業率は2018年に3.8%、2019年に3.6%に低下すると推定されており、どちらも以前の予測である3.9%を下回っています。

金利の中央値予測によると、FRBの政策立案者は、経済見通しの改善にもかかわらず、2018年も3つの利上げを想定していました。

しかし、FRBの当局者は、2019年に3回、2020年に2回の利上げを行った。

しかし、FRB議長のジェローム・パウエルは、これらの金利予測の重要性を軽視し、中央銀行がより速いペースで引き締めを行うことを認めることを拒否しました。

「私は、一連の予測と同様に、それらの予測も時間とともに変化すると考えています。経済の見通しがどのように変化するかによって変化します」とパウエルは会議後の記者会見で語った。

「経済が強かったり弱かったりすると、進路は少しずつ緩やかになるか、少しずつ緩やかになる可能性がある」と彼は述べた。

水曜日の発表は、2015年後半以来のFRBの6回目の利上げと、2月に中央銀行の舵を取ったパウエルの下での最初の動きを示しました。

ニュースレターで最新情報をお知らせします。
割引、販売、および特別オファー。